忍者ブログ
主に司法書士試験対策の為の民法を中心とした最高裁判所の判例を紹介するブログです。その他、宅建、行政書士等の資格試験に役立つ判例もあります。随時更新していきます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

判示事項

1 開業医に患者を高度な医療を施すことのできる適切な医療機関へ転送すべき義務があるとされた事例

2 医師に患者を適時に適切な医療機関へ転送すべき義務を怠った過失がある場合において上記転送が行われていたならば患者に重大な後遺症が残らなかった相当程度の可能性の存在が証明されるときの医師の不法行為責任の有無


裁判要旨

1 開業医が,その下で通院治療中の患者について,初診から5日目になっても投薬による症状の改善がなく,午前中の点滴をした後も前日の夜からのおう吐の症状が全く治まらず,午後の再度の点滴中に軽度の意識障害等を疑わせる言動があり,これに不安を覚えた母親が診察を求めたことなどから,その病名は特定できないまでも,自らの開設する診療所では検査及び治療の面で適切に対処することができない何らかの重大で緊急性のある病気にかかっている可能性が高いことを認識することができたなど判示の事情の下では,当該開業医には,上記診察を求められた時点で,直ちに当該患者を診断した上で,高度な医療を施すことのできる適切な医療機関へ転送し,適切な医療を受けさせる義務がある。

2 医師に患者を適時に適切な医療機関へ転送すべき義務を怠った過失がある場合において,上記転送が行われ,同医療機関において適切な検査,治療等の医療行為を受けていたならば,患者に重大な後遺症が残らなかった相当程度の可能性の存在が証明されるときは,医師は,患者が上記可能性を侵害されたことによって被った損害を賠償すべき不法行為責任を負う。



平成15年11月11日最高裁判所第三小法廷




PR



【生涯学習のユーキャン】行政書士講座

【生涯学習のユーキャン】宅建主任者受験講座

行政書士を通信教育で取得するなら資格のスクール フォーサイト

宅建を通信教育で取得するなら資格のスクール フォーサイト

クレアール行政書士アカデミー
今、注目の「非常識合格法」で科学的・合理的・経済的に行政書士試験の合格が目指せます。


勉強時間や様々な環境等で資格取得が難しいと考えているあなたにオススメの通信講座【全教振グループ】

宅建とマンション管理士にW合格!常識破りの宅建&マン管勉強法

分かりやすい宅建テキスト

分かりやすいマンション管理士テキスト

Newton TLT/e-Learningソフト 行政書士合格保証付
司法試験や社労士試験、国家2種や地方上級公務員試験を目指す方にも!
平日2時間、全400時間のトレーニングで「行政書士」試験の合格点クリア!
まずは無料体験ソフトをお試し下さい!

教育訓練給付金対象の行政書士MP3講義・CD講義!

資料請求が簡単にできる比較.com!資格スクール多数掲載

毎週万馬券をがっつり的中させている競馬予想!


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
アクセス解析
プロフィール
HN:
こころ
性別:
非公開
自己紹介:
 現在は独学で司法書士試験合格を目指しサラリーマンしながら適度に勉強中。H18に初受験するも勉強不足で数点足りず不合格。H19合格を目指す。
お問い合わせ
最新コメント
[09/01 むらた]
[04/30 レインボー]
[03/25 からめる]

Copyright © [ 民法中心 判例ブログ ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]